所員・研究員の著書

GBL研究所の所員・研究員の著書を紹介していきます。

著書

元商社ベテラン法務マンが書いた 英文契約書ハンドブック
著者:宮田 正樹
定価:2,800円+税
日本能率協会マネジメントセンター(2016年9月)

元商社で営業と法務を長年経験し、東証1部上場企業で法務部長を務めたベテラン法務マンが、海外の顧客とのビジネスの「現場で使える」英文契約書の実務知識を教えます。
海外との取引で必要な、英文契約の基本に加え、貿易実務の必須知識も解説。
モデル契約書として「秘密保持契約書」「売買契約書」「販売特約店契約書」「ライセンス契約書」「業務委託契約書」等を収録しており、対訳と実用的なコメントも充実。
法務担当・海外営業・輸出入業・調達担当必読の1 冊です。

まずはここから-ベーシックな事例で学ぶ-企業法務の仕事-
著者:河村 寛治
定価:2,800円+税
第一法規株式会社(2017年10月)

企業法務部門の新人・若手社員を対象とした「企業法務の仕事の網羅的テキスト」。総論編では、まず把握しておくべき事項を解説し、各論編では、事例解説形式で課題解決に際しての法知識のあてはめ方を解説する。事例が他人事にならない注意点も取り上げる。
・企業法務部出身で、現在は学生に企業法務を教える実務家教員による執筆!
・企業の法務部門の新人・若手社員に必要な内容とレベルに合わせたわかりやすい解説!
・経験の浅い社員でも案件対応のイメージをつかみやすいように、典型事例を用いて法知識のあてはめ方を解説!
・さらに! 事例が、応用の利かない「他人事」とならないように、他業種の場合の注意点なども解説!
・法務担当者にとって不可欠となっているグローバルリスクへの対応の視点を、全編にわたって盛り込んで解説!

債権法改正対応版 契約実務と法-リスク分析を通して-
著者:河村 寛治
定価:3,000円+税
第一法規株式会社(2018年2月)

企業法務部の第一線で約30年にわたり実務に携わる著者が、その経験を帰納的に文書に落とし込んだ、契約書を中心とする法律文書作成のための解説書。具体的な契約事例から想定されるリスクを理論化し、リスク回避・紛争予防を目的とした契約書作成方法を掲載。債権法改正による契約書への影響の有無を詳細に解説。
○主な改訂内容
契約の成立について-到着主義に変更・契約の目的について-契約無効となる原因に関する規定上の工夫・契約の解除や終了の局面に関わる改正-軽微な債務不履行の場合は解除できない・無催告解除ができる場合の明定、契約解除に債務者の帰責事由は不要・危険負担に関する規定の見直し・瑕疵担保責任に関する規定の用語の変更・定型約款への言及

行政争訟入門: 事例で学ぶ個別行政法
著者:神山 智美
定価:2,050+税
文眞堂(2018年3月)

本書は、行政法総論や行政救済法という科目を履修していない学生に、「行政法」というものを実感してもらうためにはどうすればよいか模索した結果、作成した教科書である。また、学生に対しては、社会人になる前に、行政機関で勤務する前に、企業で勤務する前に、家庭内でおきるライフイベントに応じて、一読すべき内容を盛り込んだ。

債権法改正-契約条項見直しの着眼点
編著:遠藤 元一
定価:2,600+税
中央経済社(2018年3月)

本書は、前提知識となる現行民法の基本的ルールを丁寧におさらい。改正事項を契約の条項ごとに整理。改訂が必要な規定を洗い出し、具体的な修正の方向性を提案。マーカーや取消線を使い、契約条項の改訂箇所をわかりやすく表示。検討事項が一目でわかるチェックポイント付き。

人事労務に強くなれる「社員」トラブルを解決に導く行動と考え方が身につく本
著者:遠藤 元一(共著)
定価:2,800+税
第一法規(2018年3月)

本書は、執筆陣が体験した「社員」をめぐるトラブル事例をストーリー仕立てに。担当者(主人公)が周囲と連携して問題を検討し、課題を解決していく過程を読み進めることで、トラブル解決のための要点と思考プロセスを身に付けることのできる書。

アメリカ契約法入門
編著:高田 寛
定価:2,000+税
文眞堂(2018年3月)

アメリカ契約法に関する基本的なルール・考え方を解説した初学者のための入門書。読者対象は大学の学部生・大学院生のみならず海外取引に携わることの多い企業法務、これからアメリカの弁護士資格を取得する人などを想定。そのため多くの簡単な事例と代表的な判例を取り上げ、アメリカ契約法の基本的な法理をわかりやすく解説します。